sponsored link

投資法を知っていても勝てない理由

FXや株式投資の口座を開設することは、

誰でも簡単に行う事が出来ます。

 

現在ではインターネットで2〜3日もすれば、

個人の口座を開設し、投資を始める事が出来ます。

 

しかし、口座を開設出来るということと、

トレードで設けることは全く別の話です。

 

予備校に入学したからといって大学に受かるわけではなく、

また、事業を起こしたからといって株式上場できる企業に成長できるわけではないのと同じことです。

 

このような当たり前のことをついつい忘れてしまうのが

投資の魔力ともいえます。

 

さて、今回の記事では、

「なぜ9割の投資家は損をする」

といわれているのかを解説していきます。

 

それは主に3つの理由にまとめることにできます。

 

1,思いつきで取引する。

2,資金管理を考えていない。

3,損切りができないか、損切りが遅い。

 

投資というと、

どのような指標・インディケーターを使うといった、

エントリー方法のテクニカルな方法が

なによりも重要であるかのように語られる事が多いですが、

 

それらよりも重要な部分が

上記の3つの要素に込められています。

 

資金やリスクの管理ができていないと、

いくら良いエントリー法を使っても

結果的に退場することになってしまいます。

 

歴史的に優れた投資家であっても

勝率は5割以下であるケースはよくあることなので、

 

上手な負け方、すなわちリスク管理ができていないと、

利益を残すことが出来ません。

 

ですから、

トレードの技術ばかりを勉強するのではなく、

メンタルや資金管理などの基礎知識を

徹底的に身につけた後で

トレードを行うようにしましょう。