sponsored link

トレーダーとして成功するための秘訣とは

大勢のプロたちが参加しているマーケットで

個人投資家が利益を上げていくには、

ある程度の基礎知識や経験が必要です。

 

ここではまずトレードに最低限必要な知識や

道具について説明していきます。

具体的には次の3つです。

 

1,マーケットの分析手法

2,情報の取り扱い方

3,取引のためのツール

 

こうした内容は、

利益を出しているトレーダーにとっては当たり前の話であっても、

はじめての人にはもちろん聞き慣れないものですし、

またそうした必要最低限の知識や道具を知らないがために

取引で資産を失い、マーケットから退場してしまった人も

数多く見受けられます。

 

当たり前の話ですが、

楽観的に自分の運だけを信じてトレードをして儲かるほど、

世界の金融市場は甘くありません。

 

ただ、一方で年間億単位の収益を上げている個人投資家も実在しますし、

奥までは届かなくとも千万単位の利益を上げている人はいくらでもいます。

 

投資は、何も知らなければ資産を失うだけですが、

きちんと手順を踏んで勉強と経験を積みさえすれば

他の業界よりも早いスピードで成長し、

努力次第では誰もが億トレーダーになることも可能な分野です。

 

けれども、

どんな業界でもはじめて足を踏み入れて一人前になることには

数年かかるもので、投資も同じことです。

 

トレードにおける金融用語には英語も多く、

サマータイムや海外の文化の違いもあります。

 

これらを理解して自分のスタイルを構築するには、

どうしても時間がかかります。

 

その結果、おおよそ3年以上投資を続けている人で

大きく負けている人はかなり少ないですし、

 

5年以上続けている大半の人は収益がプラスだという事実があります。

 

これから投資を始める人も、一度退場してから再トライする人も、

一攫千金を目指すのではなく、

5年後の収益を目標にステップを踏んでいきましょう!

投資法を知っていても勝てない理由

FXや株式投資の口座を開設することは、

誰でも簡単に行う事が出来ます。

 

現在ではインターネットで2〜3日もすれば、

個人の口座を開設し、投資を始める事が出来ます。

 

しかし、口座を開設出来るということと、

トレードで設けることは全く別の話です。

 

予備校に入学したからといって大学に受かるわけではなく、

また、事業を起こしたからといって株式上場できる企業に成長できるわけではないのと同じことです。

 

このような当たり前のことをついつい忘れてしまうのが

投資の魔力ともいえます。

 

さて、今回の記事では、

「なぜ9割の投資家は損をする」

といわれているのかを解説していきます。

 

それは主に3つの理由にまとめることにできます。

 

1,思いつきで取引する。

2,資金管理を考えていない。

3,損切りができないか、損切りが遅い。

 

投資というと、

どのような指標・インディケーターを使うといった、

エントリー方法のテクニカルな方法が

なによりも重要であるかのように語られる事が多いですが、

 

それらよりも重要な部分が

上記の3つの要素に込められています。

 

資金やリスクの管理ができていないと、

いくら良いエントリー法を使っても

結果的に退場することになってしまいます。

 

歴史的に優れた投資家であっても

勝率は5割以下であるケースはよくあることなので、

 

上手な負け方、すなわちリスク管理ができていないと、

利益を残すことが出来ません。

 

ですから、

トレードの技術ばかりを勉強するのではなく、

メンタルや資金管理などの基礎知識を

徹底的に身につけた後で

トレードを行うようにしましょう。

本当に価値のあるトレードとは?

FXや株式トレードで最も重要なことは、

しっかりと戦略に基づいたトレードを行うことです。

 

しかし、

その場しのぎの感情や言い訳によって

本能的にトレードをしてしまう人が大勢います。

 

このようなトレードでは例え勝ったとしても

後につながるような良いトレードとは言えません。

 

長期的に生き残るためには、

感情は全く関係なしに理性に基づいた戦略と根拠のよってのみ

行われるトレードによってもたらされます。

 

トレーダーが最も重視すべきことは、

このような正しいトレードをする事だけに注力し、

勝っても負けても全く関係なしに、

上手いトレードが出来たかどうかという点だけに

エネルギーを注ぐ事です。

 

これが出来るかどうかで、

長期的に利益を残せるかどうかが決まってきます。

 

もし、目の前のたった1つのトレードで

感情が揺さぶられているようなら、

まずリスクマネジメントや戦略から

見直していくと良いでしょう。