sponsored link

市場心理に従うことの重要性【FX】

2012年からのアベノミクスで

ドル円が上昇する前は、

ずっと円高が続いていました。

 

その頃の政府は円高を力ずくで止めるため、

日銀を通じて何度も市場介入を実施しました。

市場でドルを買い、円を売るという取引です。

 

先進国では日本くらいしか行っていないことのような為替介入は、

世界中で大きなニュースとなりました。

 

それでは、その介入はどうなったかといえば、

1回数兆円単位で為替介入したものの結局円高の流れを止めることはできず、

2011年にはドル円相場は75円56銭の

史上最高値まで円高が進みました。

 

その後、2012年11月の民主党・野田内閣の解散、

そして自民党・安倍内閣の誕生への動きによって、

あれほど介入しても円安にできなかったドル円相場は、

一気に円が売られて円安となり、

1ドル100円越えまで急騰しました。

 

このような状況から、

世界最大の市場である為替市場というものは

政府の力ではなく、「市場参加者の心理」で動く

ということがわかります。

 

為替市場は1日に400兆円以上が動く世界最大の巨大市場ですが、

参加しているのは私たちと同じ人間です。

近頃はAI(人工知能)による

コンピューター取引も増えていますが、

そうしたコンピューターのプログラムを決めるのも人間です。

 

市場参加者が人間であるならば、

マーケットに大きな影響を及ぼすのは、

結局のところ「欲望」と「恐怖」だと考える事ができます。

 

ですから、投資では市場参加者の思惑を推測することが

重要になってくるんです。

 

トレードで利益を出すには、

トレンドフォローが良いということは

過去の記事でご説明しました。

 

市場が大きく動く理由として

市場心理があるなら、

市場心理に従うことがトレンドフォローになり、

収益につながりやすくなるためです。

 

そして、

市場心理がよく表れる例として挙げられるのが、

「織り込み済み」というものです。

雇用統計やGDP、中央銀行の金融政策でも、

結果が予想通り良いにも関わらず、

マーケットは逆に下げる動きになる場合があります。

 

これが「織り込み済み」という場面です。

 

個人投資家は経済指標などのイベントを待って、

白黒のついた結果を見てトレードしようと思いますが、

重要なイベントの場合は先にマーケットや大手の銀行、

エコノミストなどが予想を出してしまうので、

市場参加者の中にはさらに先回りして

ポジションをとっている人たちが出てきます。

 

相場は人を出し抜かないと儲けられません。

ですから、

大きく動きそうなイベントの前には、

すでに参加者が少しずつポジションを作り始めており、

実際の経済指標が出た時が決済のタイミングになってしまう

ということが起こります。

 

これこそ、まさに

「セルザファクト」(噂で買って事実で売れ)

です。

マーケットでしぶとく何十年も生き残って

利益を出し続けている人は、

こうした市場心理を上手く使っているのです。

 

市場心理を理解することは大事なのですが、

それはいうほど簡単ではありません。

要するに市場参加者の心理的な駆け引きなので、

数値やグラフで示されることはありませんし、

そもそも他人を出し抜くマーケットで

自分のポジションを公開することの方が少ないでしょう。

 

個人投資家が市場心理を理解できるようになるには、

なんといっても経験が必要です。

 

プロの投資家が市場心理を理解できるようになるには、

なんといっても経験が必要です。

 

プロの投資家の思惑を理解できるくらいには、

自分がFX相場を知っていないと、

彼らと勝負をして儲けることはできないのです。

 

「それなら、初心者が市場心理なんか分析しても

何の役にも立たないじゃないか!」

という声が聞こえてきそうですが、

私達が市場心理を推し量る手段はいくつか存在します。

ここで必要となってくるのが、

自分のもつFXの知識と想像力です。

 

想像力を一番発揮したいのは、

やはりチャートを分析する際です。

チャートを単に漠然と眺めているだけだったり、

テクニカルのサインだけに注目していたりすると、

最も大切な「値動き」が見えなくなってしまいます。

 

酒田五法のようにローソク足の形を知っておくのも良い方法だと思いますが、

上昇していたのに上値が伸びなくなったり、

ローソク足が何本も一定のレベルで止められたりといった動きになれば、

「そこには何かある」と気づかなければいけません。

 

自分が上に行く目線で見ているだけだと、

そこを突き破って上昇することに対しての相場観しか養えませんが、

「なぜこうしたうごきになるのか」

という視点をいつも持っていれば、

全体の市場心理が掴みやすくなります。

 

また、こうしたチャートの動きの他に、

マーケットのオーダー情報やオプションなどの情報も加えると、

想像力の精度は上がります。

オーダー情報やオプションの情報などは、

FX会社が契約している情報配信会社(情報ベンダー)が提供してくれます。

 

ここでは、マーケットの状況を解説する市況、

銀行ディーラーのレポートやインタビュー、

どれくらいの規模のオーダーがあるかといったオーダー情報、

オプション情報などが配信されています。

 

これらの会社には元銀行ディーラーやヘッジファンド関係者がいて、

世界中の銀行やファンドとのパイプから様々な情報を提供してくれます。

 

ただ、こうした情報がすぐにトレードに役立つということはありません。

つまり、「ここで買え、ここで売れ」と直接的な判断をするためではなく、

個人投資家がマーケットの動きを探る手立ての

1つとして有効だということです。

 

他人の情報に乗るだけで、

自分で戦略を考えたりするのが面倒だと思っているうちは、

儲かるようにはなりません。

 

トレードは、自分で情報を分析して戦略を考え、

資金量やレバレッジを調節しながら勝負をするものです。

 

だからこそ自分の戦略がうまくいった際には

他人に運用を任せた時以上のリターンを得ることができるのです。

 

投資初心者とベテラントレーダーの違いは、

相場の裏側を読む場面であらわれやすいものです。

 

特に、マーケットのオーダー情報や経済指標発表などの

イベントをどの程度マーケットが織り込んでいるか、

といった市場参加者の心理を理解したうえでの

トレーディングは初心者には難しいと思います。

 

しかし、

そうはいっても最初は誰もが初心者です。

段階を踏みつつ、投資を続けていけば続けた分だけ

いろいろなことがわかってきますし、

収益も自然とついてきます。

 

諦めずに根気よく続けていくことが

儲けるトレーダーになるための第一歩となります。

エリオット波動に見る、市場参加者の心理の段階

エリオット波動

人間の感情には一定のリズムがあって、

そのリズムを映し出すマーケットの動きには

予測が可能なパターンがある。

 

この考え方をエリオット波動論といいます。

上記の図のように

強気相場では3つの大きな波からなり、

その上昇はより小さな2つの下降波を併せ持つ

全部で5波動の波でできている形のものをいいます。

 

簡単にいうと、

例えば上がっている相場で上げ下げしながら

上昇することがありますが、

その波の数をかぞえて理論化したもので、

多くのパターンに名前が付けられています。

ここではもう少し簡単に、

図の各第1波から第5波、

そして下降相場になったときのA波からC波で

起こっている市場心理を紹介していきます。

 

【第1波】

今まで売っていた人が少しずつ買い戻しをし、

打診買いをはじめる頃で足のはやい資金で作られる波です。

 

買い始めた人は実はまだまだ弱気で、

市場心理も弱気のままです。

したがってここから強気な相場が始まるという認識は

ほとんどありません。

ですので、第1波は強気相場の場面の3つの上昇波の中でも

1番短い波になる可能性が高いのです。

 

【第2波】

弱気筋がやっぱり弱気方向へ自信を取り戻して

活気が出る波です。

ファンダメンタルズも弱く、エコノミストやニュースなども

弱気の見解が多い中、

やっぱり弱いのだ、売ろう、このマーケットはまだまだ弱気だ!と

第1波で上がった分を戻してしまうようなパターンになります。

 

あたかも弱気トレンドが継続したかのごとく戻してしまいます。

この場面では急落パターンが多いです。

 

【第3波】

今度は非常に強い波になります。

「これぞ強気相場に突入」と

誰の目にも明らかになり、3つの波の中では

通常はもっとも長い波になることが多いようです。

 

その要因はいくつかありますが、

ダウ理論の買いシグナルが発生して新規の買いの参加者が

弱気筋を踏み上げて上昇するので勢いもあり、

さらに出来高も急上昇します。

 

たいていこの段階ではファンダメンタルズもよくなって

マーケットの強さの後押しもします。

この第3波に乗ることが大きなポイントかもしれないですね。

 

【第4波】

十分に利益を得た参加者がそろそろ利益確定をする頃、

それに合わせて慌てて相場に参加してきた参加者が

買いを入れてくる場面でもあります。

 

第5波と間違われる事が多く、トレイアングルであったり、

複合型のとてもわかりにくい修正波となりやすいです。

見分け方のポイントは、

第4波の底値が第1波の高値と重なることはないでしょう

(実際は第4波のジグザグの高値が、第3波の高値を突き抜けることが

珍しくなく、これを第5波と間違ってしまう可能性もありますので

注意して下さい。)

 

【第5波】

相場には楽観視が広がって相場心理はいい方向へと

一色になる傾向があります。

実際の所、第5波はファンダメンタルズが悪化しても

強気相場がそのまま継続する傾向にあります。

 

でも、よく注意してみたら

オシレーダー系では価格の動きに勢いがなくなり

「そろそろ相場の天井ですよ」と警告を出し始めることが多くあります。

 

この波は第3波よりは

力強さはないのが特徴で、

天井打ちとなってしまう可能性が高いのです。

 

【A波】

まだこの段階では、

ほとんどの市場参加者は強気のままで、

弱気相場の始まりは第1波で見られた波のまったく反対の波になります。

 

打診売りが出る頃でもあるのでしょう。

 

【B波】

いよいよ弱気相場における戻りの局面で、

多く場合は強気トレンドの一部じゃないか?と思われがちですが、

第4波と同じように、

この弱気相場のB波も認識することがちょっと難しい波ではあります。

 

この時にもう一度強気筋が買いを入れたりすると、

ちょっと高値を越えたりしてダマシにあったりすることがあります。

 

【C波】

弱気相場の中でも1番破壊的な波です。

第3波の反対で、弱気バージョンへの突入です!

 

この頃はテクニカル指標でも売りサインがどんどん出ます。

さらにファンダメンタルズの悪さが弱気相場に拍車をかけてきます。

C波の終値では市場参加者はそろって弱気になっています。

 

上手くいった人は別として、

参加者は1つの波が終わったことを理解して、

次はどんな相場がやってくるのか?

と、次のチャンスを待つのです。

通貨ペアの選択について【FX】

トレーダーは通貨を売り買いして、

その差額が利益になります。

トレンドが出て大きく動いてくれると差額も広がり

利益も大きくなります。

 

けれども、

自分の注目した通貨ペアが全然動かないこともよくあります。

 

通貨ペアの選択はトレードの収益に

大きく影響します。

成功者のトレーダーは通貨ペアの選択が上手です。

つまり今のマーケットで何がテーマか、

どのペアがこれから大きく動きそうなのかを

常にチェックしています。

 

チャートだけでなく、ファンダメンタルズも含めて、

それぞれの通貨やその背景にある国の強弱などを

見極めているからできることです。

 

しかし、これが簡単ではありませんし、

素人がファンダメンタルズの判断をするのは

危険でもありますし、

マーケットは移り気でテーマもコロコロ変わっていきます。

 

初心者のうちは、

自分が尊敬するトレーダーのブログやメルマガの情報を手に入れ、

彼らがどの通貨ペアを選択しているのかを参考にするといいでしょう。

 

勝ち組トレーダーというフィルターを通すことで、

今動きやすい通貨や市場のテーマを知ることができます。

特に注目する数人が同じ通貨ペアを取引していたり、

同じテーマに注目している場合は、

その要因で動く可能性が高いと推測できます。

 

ただ、彼らの注目はユーロ豪ドルとか、

ポンドスイスとか、初心者が見慣れない通貨ペアである場合もあります。

 

こうした見慣れない通貨ペアを

初心者がすぐに取引するのはリスクが高いです。

最初は情報収集に専念して、

なぜそのテーマが注目なのか、

なぜその通貨ペアが選択されるのかを考えるようにすると、

マーケットの動きを理解するのに役立つでしょう。