テクニカル分析のコツ

ファンダメンタルズの判断がいかに難しいかということを知ると、

それならテクニカル分析を磨くほうがいいだろう、

と考える人は多いのではないでしょうか?

 

実際の所トレードでは、

多くのトレーダーがテクニカル分析を重視しています。

テクニカル分析での判断を踏まえた上で、

補助的にファンダメンタルズを考慮する、

というスタイルが現在の個人投資家の主流だといえるでしょう。

 

テクニカル分析は様々な種類のツール・インディケーターがあるため、

「どのテクニカルがおすすめですか?」

「どんな手法が儲かりますか?」

という質問をされる方が頻繁にいます。

 

その答えとしては、

自分が得意なものなら、どれでもいい。

というのが最もしっくりきます。

 

自分が得意なものであるか、

ということがとても重要で、

なぜなら、

どんなテクニカルにも一長一短があるからです。

 

全ての相場の場面で必ず儲かる聖杯のようなものは存在しません。

 

そのため、

このツールはどのような相場が得意で、

どのような場面では機能しにくい、

騙されやすいといった長所短所を

十分に理解しておくことが大事になります。

だからこそ、

自分が得意なものを選ぶことが最適解なのです。

 

たとえば、

移動平均線一本でも、

その特性や通貨ペアとの相性、

時間軸による違いなどを熟知していれば、

それがその人の最強ツールになります。

 

テクニカルは自分の判断の道しるべであるため、

自分が使いやすいもの、

自分が熟知しているものを作ることが

「勝ち組」トレーダーとなるうえで重要です。

 

では、どのようにしてそうした自分の得意なテクニカルを

身に付ければいいのでしょうか。

テクニカルのツールにすぐに見切りをつけてしまう人は、

かえって回り道をしがちの事が多いです。

 

何かのツールを使ってみて、

すぐに結果がでなければ即座にやめて

次を探すことばかりしていては、

いつまでたっても成長しません。

 

手間と時間はかかっても、

ある特定のテクニカルが何を示そうとしているのか、

どのような特徴があるのかを自分の経験と研究によって

じっくりと知っていくほうが、

結局はテクニカルを自分のものにする近道になるのです。

 

しかし、当たり前の話ですが、

ただひたすらに同じテクニカルを使い続けているだけでも

市場に対応することはできません。

たとえば、トレンド相場で上手く機能するものと、

レンジ相場で儲かりやすいものは、

明らかにタイプが違います。

 

1種類のテクニカル分析や手法で、

全ての場面に対応することは不可能です。

だからこそ、様々なテクニカルを試し、

それを研究していくことが大切だといえます。

 

その中で自分の得意なやり方がきっと見つかるはずです。

加えて、

このように自分の得意なテクニカルを見つけた後でも、

その武器で取引する場面と休む場面を

見極めるための判断力が必要になります。

 

また、「学ぶは真似るから」とはいいますが、

誰かが使って儲かっているものを

そっくり真似して使えば自分もすぐに儲かる、

というものでもありません。

 

儲けている人の中には、

TDシーケンシャルをメインに使っている人もいれば、

ボリンジャーバンドのみを使っている人もいます。

 

他にも移動平均線やスキャルピングなど、

それぞれ自分の得意なスタイルで

いろんな利益の出し方をしている人が大勢いますが、

それは誰かの手法やスタイルを単純に真似ているわけではありません。

 

それぞれが試行錯誤と、

長い経験の中で自分の流儀ともいうべき

トレードのコツをつかんできているのです。

 

トレードを実際に始める前に

以下の質問に答えてみましょう。

  1. 自分の生活スタイルに合わせてトレードができていますか?
  2. わからない時は休むことができていますか?
  3. 毎日トレードしていませんか?
  4. 決まったテクニカル分析や指標を使い続けていますか?
  5. 自分の意見、自分の想いで「お祈りトレード」をしていませんか?

収支日記のランキングに参加中!

記事はためになりましたでしょうか?よければクリックしてみてください。にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

こちらもクリック↓↓↓



トレード日記 ブログランキングへ

sponsored link