情報を先に入手して設けるという発想はやめる!

「投資に役立つ情報を誰よりも先に入手する方法はないのか?」

と考える人がいますが、

それはちょっと無理な話です。

 

このような情報はまず英語で配信され、

日本の情報配信会社で日本語に翻訳され、

さらに投資会社に配信されてから

最後に私達が見ることになるからです。

 

ヘッジファンドや銀行のディーリングルームでは、

最初の英語の情報が出始めた時点で、

まるでクイズの早押しのようにプロがアクションをおこしています。

 

また、最近はこうした情報として表示される単語に反応して、

自動的に取引をするプログラムも使われており、

個人投資家がそう簡単に太刀打ちできるレベルではありません。

 

そもそも、こうした情報を先に手に入れて儲けるという

インサイダー体な発想自体をやめたほうがいいでしょう。

 

他人より早く情報を仕入れるよりも、

すでにある情報をいかに分析するか、

そして分析する力量をどれだけ身につけられるかが重要ですし、

 

そうしたスキルを今後の投資生活でも

ずっと活かすことができます。

 

このようなスキルを実際に身につけ、

海外で生活しながら投資生活を送っている人というのも

一定数存在しているのは事実です。

収支日記のランキングに参加中!

記事はためになりましたでしょうか?よければクリックしてみてください。にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

こちらもクリック↓↓↓



トレード日記 ブログランキングへ

sponsored link