トレンド系テクニカル【移動平均線】

トレンドを判断する最も単純な方法が移動平均線です。

移動平均線はどのFX会社のチャートでも簡単にラインを引くことができます。

移動平均線(MOVING AVERAGE)はMAと略されますが、

他にも様々な種類があり、計算式も違います。

 

最もオーソドックスな平均線は、

単純移動平均線(SMA)、

すなわち単純(SIMPLE)移動平均線(MA)で、

これは一定期間の値動きの終値の平均を出したものです。

ですから、

現在地がこの過去の平均より上なら上昇しやすく、

下になれば下げやすくなります。

 

移動平均線にはSMAの他にEMA(指数平滑移動平均)

DMA(ずらした移動平均線)などがありますが、

基本的な見方は同じで、

現在値やローソク足が移動平均線の

上側にあるか下側にあるかで判断します。

 

トレンドは流れですから、

上昇が続けば値はずっと移動平均線の上側になりますし、

下げ続ければ下側にあり続けるようになります。

 

ただ、SMAとEMAやDMAは特徴を持たせているので、

使うにはそれぞれが何を示そうとしているのかを理解する必要があります。

 

理由や仕組みをわからずに使っていると、

判断が難しい場面で手も足も出なくなってしまいます。

また、こうした局面では大きく損を出しやすいので、

テクニカルの仕組みや理由を知って使うか、

判断に迷う場面ではこれらを一切使わずに

相場から離れて取引をしない方が良いかもしれません。

 

ここで何より重要な事は、

全ての場面にマッチするテクニカル分析は存在しない、

ということを理解しておくことなんですが、

 

移動平均線は自由に設定を変えられるため、

上手くいかない場合ついつい設定を変えて

そのときの自分が納得するような形にしてしまいがちです。

しかし、それでは意味がありません。

 

移動平均線の動きをよく知り、

その上で自分の求めるサインをどのように出させるかを

考えたほうが良いでしょう。

収支日記のランキングに参加中!

記事はためになりましたでしょうか?よければクリックしてみてください。にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

こちらもクリック↓↓↓



トレード日記 ブログランキングへ

sponsored link