トレンド系テクニカル【ボリンジャーバンド】

移動平均線が設定自由であるがゆえに、

逆に判断に迷いやすいのではないかと不安に感じる人は、

世界中のトレーダーの誰もが同じ設定で使う

トレンド系のテクニカルを使う方法もあります。

 

このような場合であれば誰もが同じものを見て、

セオリー通りに同じように判断するため、

多くの人が同じサインでアクションする可能性が高くなり、

動きが強化されやすくなります。

 

その典型例は、ボリンジャーバンドです。

ボリンジャーバンドは、

米国人のジョン・ボリンジャーが開発したテクニカルで、

移動平均線を元に標準偏差の幅をバンド状に示します。

ボリンジャーバンドは通常21SMAを基準に

標準偏差を計算でバンド状に表示するものです。

 

ボリンジャーバンドも基準となるのは移動平均線なので、

基本的な見方は先ほどと同じです。

ボリンジャーバンドの中心線である21SMAの傾きと値が

上側か下側かで上昇か下降かを大まかに判断します。

 

外側の先は値動きの標準偏差を示し、

値動きが±1σの範囲に収まる確率が68.27%、

±2σでは95.45%、

±3σでは99.73%とされています。

 

つまり±3σを越える確率は0.27%

±2σを越えるのは4.5%なので、

このラインを越えたらイレギュラーであり、

戻る可能性が高いと考えられます。

このシグマの範囲も自分で4,5と大きくすることができますが、

大きくすればするほど、さらにそうした範囲まで

値動きが届く確率は少なくなっていきます。

 

トレンドの判断では、

バンドに沿って、ローソク足が上昇や下落を続けている

バンドウォークといわれる状態があるかどうかがポイントになります。

 

中心線が上か下に傾いていて、

トレンドが出てさらに値動きがバンドウォークしていれば、

バンドに沿った高値を買ったり安値を売ったりするのではなく、

中心線である移動平均線に近づいてくる押し目や

戻りを待って取引をするのがボリンジャーバンドのテクニックです。

 

ボリンジャーバンドは

世界中の人が同じ21SMAまたは20SMAを基準とするバンドを使い、

またエントリーのタイミングも決まっているので、

そうした場面では多くの人がポジションをつくることから、

大きく動きやすくなるのです。

 

市場参加者の多くが動くという時には、

そこに相場心理の影響が及ぼされている場合もあります。

また、大勢が使うテクニカルがあると、

その裏をかいてこの人達をカモにしようとする参加者も出てくるのが、

マーケットの怖い所です。

このような相場心理についても注意が必要です。

収支日記のランキングに参加中!

記事はためになりましたでしょうか?よければクリックしてみてください。にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

こちらもクリック↓↓↓



トレード日記 ブログランキングへ

sponsored link