動き出しのタイミングを見極める【レンジブレイク】

相場の7割はレンジ相場といわれますが、

レンジは必ずブレイクします。

 

永久に続くレンジもなければ、

永久に続くトレンドもありません。

マーケットは常に動いています。

 

レンジの範囲を超えて大きく動き始める

レンジブレイクの動き出して乗ることができれば、

大きな利益を取ることができます。

 

また、ブレイクした高値や安値は、

今度はサポートになりやすいため、

そこから大きく伸びることも期待されます。

 

しかし、ブレイクしたとおもったらすぐに戻される

ブルトラップ(上抜けのダマシ)や

ベアトラップ(下抜けのダマシ)も起こるので、

レンジブレイクでは慎重になる方も多いのではないでしょうか。

 

レンジブレイクではどのような場面、

どの時間軸のレンジかが重要になります。

長期の時間軸でトレンドが出ていながら、

短い時間軸でレンジになっている場合は、

長期の時間軸の方向にブレイクする確率が高くなります。

 

長期チャートではトレンド継続中に少し膠着した動きが、

短い時間軸で見るとレンジとなるからです。

だからこそ長期の時間軸と短期の時間軸を

組み合わせたトレーディングが大事になるのです。

 

移動平均線でも長期と短期の複数のラインを表示したように、

「大きな流れのなかで、いまどうなっているのか」

ということをトレーダーは常に意識しています。

 

しかし、日足以上の大きな時間軸でレンジになっていると、

相場の判断はグッと難しくなります。

日足レベルでレンジが継続すると、

上や下に壁があることになるので、

最初はレンジ内で逆張りもできますが、

市場参加者の多くがこうしたトレードをし始めると

レンジ幅がどんどん狭まります。

 

また、この動きにオプションや実需の動きも加わって

さらにレンジ幅が縮小する動きとなりがちです。

 

こうした状況になると、

時間軸を下げても取引がしにくく、

ヘッジファンドなどの

超高速電子取引のスピードに個人投資家は追いつけなくなります。

 

もちろん、個人投資家も自動売買ができますが、

プロのシステムとは根本的に違うので、

到底勝負にはなりません。

 

そのような中で利益を残していくには、

出来るだけ長期のトレンドが発生している時に、

利益を大きくしておかなければ、

長期的に生き残ることは難しいでしょう。

収支日記のランキングに参加中!

記事はためになりましたでしょうか?よければクリックしてみてください。にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

こちらもクリック↓↓↓



トレード日記 ブログランキングへ

sponsored link