エリオット波動に見る、市場参加者の心理の段階

エリオット波動

人間の感情には一定のリズムがあって、

そのリズムを映し出すマーケットの動きには

予測が可能なパターンがある。

 

この考え方をエリオット波動論といいます。

上記の図のように

強気相場では3つの大きな波からなり、

その上昇はより小さな2つの下降波を併せ持つ

全部で5波動の波でできている形のものをいいます。

 

簡単にいうと、

例えば上がっている相場で上げ下げしながら

上昇することがありますが、

その波の数をかぞえて理論化したもので、

多くのパターンに名前が付けられています。

ここではもう少し簡単に、

図の各第1波から第5波、

そして下降相場になったときのA波からC波で

起こっている市場心理を紹介していきます。

 

【第1波】

今まで売っていた人が少しずつ買い戻しをし、

打診買いをはじめる頃で足のはやい資金で作られる波です。

 

買い始めた人は実はまだまだ弱気で、

市場心理も弱気のままです。

したがってここから強気な相場が始まるという認識は

ほとんどありません。

ですので、第1波は強気相場の場面の3つの上昇波の中でも

1番短い波になる可能性が高いのです。

 

【第2波】

弱気筋がやっぱり弱気方向へ自信を取り戻して

活気が出る波です。

ファンダメンタルズも弱く、エコノミストやニュースなども

弱気の見解が多い中、

やっぱり弱いのだ、売ろう、このマーケットはまだまだ弱気だ!と

第1波で上がった分を戻してしまうようなパターンになります。

 

あたかも弱気トレンドが継続したかのごとく戻してしまいます。

この場面では急落パターンが多いです。

 

【第3波】

今度は非常に強い波になります。

「これぞ強気相場に突入」と

誰の目にも明らかになり、3つの波の中では

通常はもっとも長い波になることが多いようです。

 

その要因はいくつかありますが、

ダウ理論の買いシグナルが発生して新規の買いの参加者が

弱気筋を踏み上げて上昇するので勢いもあり、

さらに出来高も急上昇します。

 

たいていこの段階ではファンダメンタルズもよくなって

マーケットの強さの後押しもします。

この第3波に乗ることが大きなポイントかもしれないですね。

 

【第4波】

十分に利益を得た参加者がそろそろ利益確定をする頃、

それに合わせて慌てて相場に参加してきた参加者が

買いを入れてくる場面でもあります。

 

第5波と間違われる事が多く、トレイアングルであったり、

複合型のとてもわかりにくい修正波となりやすいです。

見分け方のポイントは、

第4波の底値が第1波の高値と重なることはないでしょう

(実際は第4波のジグザグの高値が、第3波の高値を突き抜けることが

珍しくなく、これを第5波と間違ってしまう可能性もありますので

注意して下さい。)

 

【第5波】

相場には楽観視が広がって相場心理はいい方向へと

一色になる傾向があります。

実際の所、第5波はファンダメンタルズが悪化しても

強気相場がそのまま継続する傾向にあります。

 

でも、よく注意してみたら

オシレーダー系では価格の動きに勢いがなくなり

「そろそろ相場の天井ですよ」と警告を出し始めることが多くあります。

 

この波は第3波よりは

力強さはないのが特徴で、

天井打ちとなってしまう可能性が高いのです。

 

【A波】

まだこの段階では、

ほとんどの市場参加者は強気のままで、

弱気相場の始まりは第1波で見られた波のまったく反対の波になります。

 

打診売りが出る頃でもあるのでしょう。

 

【B波】

いよいよ弱気相場における戻りの局面で、

多く場合は強気トレンドの一部じゃないか?と思われがちですが、

第4波と同じように、

この弱気相場のB波も認識することがちょっと難しい波ではあります。

 

この時にもう一度強気筋が買いを入れたりすると、

ちょっと高値を越えたりしてダマシにあったりすることがあります。

 

【C波】

弱気相場の中でも1番破壊的な波です。

第3波の反対で、弱気バージョンへの突入です!

 

この頃はテクニカル指標でも売りサインがどんどん出ます。

さらにファンダメンタルズの悪さが弱気相場に拍車をかけてきます。

C波の終値では市場参加者はそろって弱気になっています。

 

上手くいった人は別として、

参加者は1つの波が終わったことを理解して、

次はどんな相場がやってくるのか?

と、次のチャンスを待つのです。

収支日記のランキングに参加中!

記事はためになりましたでしょうか?よければクリックしてみてください。にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

こちらもクリック↓↓↓



トレード日記 ブログランキングへ

sponsored link