ファンダメンタルズ分析でわかった気になる危険性

投資で収益を残すためには、

マーケットの値動きを予測することと、

ポジション管理・資金管理でいかに損失を少なく、

利益を大きくするかが大切です。

 

これは数多くの儲かっている投資家の方々が共通して

実践している方法であるため、投資の王道と言っていいものです。

 

ここでは、マーケットの方向を予測する方法や

分析手法を紹介し、

その上で初心者や負けるトレーダーがハマってしまいやすい点も

上げていきます。

 

まず、マーケット分析についてですが、

大きく分けて、

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析があります。

 

ファンダメンタルズ分析、

「経済の基礎的要件」などと訳されますが、

 

ファンダメンタルズについては、

その分野が成長したり、

衰退したりする基礎的な条件

くらいにイメージしていれば大丈夫です。

 

例えば株式の取引においては、

個別企業のファンダメンタルズが重視されます。

 

A社の業績がいいとか、B社で画期的な開発が行われているとか、

C社の資本政策が変わる、などといった

各企業や業界に関する情報が

「ファンダメンタルズ」であると考えて下さい。

 

では一方、為替市場における「ファンダメンタルズ」とは

一体どのようなものなのでしょうか?

 

FXに影響を与える「ファンダメンタルズ」は、

各国中央銀行の金融政策や中央銀行総裁の発言、

または金利動向、各国GDPなど、

マクロ経済といわれる分野のものです。

 

そうはいっても、

社会科でチラッと習ったかも・・・

といった程度の分野の知識を、

個人投資家が簡単に理解できるわけではありません。

 

パッと見ただけでいかにも難しそうです。

中央銀行(日本では日銀)は銀行の銀行であることや、

貨幣発行体などといったことも大昔に習ったような気がしますが、

実際にFXを始めたとき、私はほぼ覚えていませんでした。

 

中央銀行だけでもこの状態なのに、

各国の金融政策やGDP、期待インフレ率などと

次々に言われても、わけがわかりません。

けれども、それは一般の人なら当然のことでしょう。

 

ところが、この難しいファンダメンタルズが、

トレードに少し慣れてくると、

なんとなくわかったような気になってしまいます。

 

実は、これがトレーダーにありがちな「落とし穴」

なのです。

 

ファンダメンタルズはあくまで事象に対する「解釈」であるため、

正しい答えがあるわけではありませんし、

その事象が実際に経済の動きに影響を与え、

相場で結果が出るまでに

半年や1年といった時間がかかることもよくあります。

 

この「正しい答えがない」というのが危ない所で、

つなり慣れてくるとだれでも「自分なりの答え」が

出せるような気になってしまいがちなのです。

 

そのため、ファンダメンタルズの分析で出した予測には、

答えがない分だけ自分の「思惑」、

都合の良い解釈が反映されやすいので

注意が必要です。

 

むしろ、ファンダメンタルズでマーケットを判断するのは

とても難しいことであると考えている人のほうが、

実査のトレードでは失敗しにくいものです。

 

 

すこし余談ですが、

これは現在米国在住の為替市場では大御所といわれている方のお話ですが、

この方が銀行で為替部門を率いているときは、

新人のディーラーをまず徹底的に絞り上げたそうです。

 

名門大学を出た大の男が仕事場で泣いてしまうまで絞り上げるその理由とは、

自分の無知を自覚させ柔軟性を持たせるためであるとのことでした。

 

マーケットとは、

一寸先は闇、何が起こるかわからない世界です。

そのなかで、自分勝手な思い込みや、

状況に応じて柔軟になれない頭デッカチは

必ず大損して銀行に損失を与えてしまいます。

 

それを理屈ではなく身体で理解させることが一番大事だ、

とおっしゃっていたこの方の言葉を、

私たち個人投資家も肝に銘じておきたいものです。

トレーダーとして成功するための秘訣とは

大勢のプロたちが参加しているマーケットで

個人投資家が利益を上げていくには、

ある程度の基礎知識や経験が必要です。

 

ここではまずトレードに最低限必要な知識や

道具について説明していきます。

具体的には次の3つです。

 

1,マーケットの分析手法

2,情報の取り扱い方

3,取引のためのツール

 

こうした内容は、

利益を出しているトレーダーにとっては当たり前の話であっても、

はじめての人にはもちろん聞き慣れないものですし、

またそうした必要最低限の知識や道具を知らないがために

取引で資産を失い、マーケットから退場してしまった人も

数多く見受けられます。

 

当たり前の話ですが、

楽観的に自分の運だけを信じてトレードをして儲かるほど、

世界の金融市場は甘くありません。

 

ただ、一方で年間億単位の収益を上げている個人投資家も実在しますし、

奥までは届かなくとも千万単位の利益を上げている人はいくらでもいます。

 

投資は、何も知らなければ資産を失うだけですが、

きちんと手順を踏んで勉強と経験を積みさえすれば

他の業界よりも早いスピードで成長し、

努力次第では誰もが億トレーダーになることも可能な分野です。

 

けれども、

どんな業界でもはじめて足を踏み入れて一人前になることには

数年かかるもので、投資も同じことです。

 

トレードにおける金融用語には英語も多く、

サマータイムや海外の文化の違いもあります。

 

これらを理解して自分のスタイルを構築するには、

どうしても時間がかかります。

 

その結果、おおよそ3年以上投資を続けている人で

大きく負けている人はかなり少ないですし、

 

5年以上続けている大半の人は収益がプラスだという事実があります。

 

これから投資を始める人も、一度退場してから再トライする人も、

一攫千金を目指すのではなく、

5年後の収益を目標にステップを踏んでいきましょう!

1度投資で失敗した人が復活するための5つのポイント

過去の失敗を乗り越え、

新たに投資を始める時には

5つの守るべきルールがあります。

 

・徹底した資金管理

・1回の取引での損失額を決める

・決まったテクニカルを使い続けるくらい研究する

・自分が決めた取引ルールは徹底して守っていく

・人の意見に惑わされないメンタルを持つ

 

これらを守れないようならば、

もうトレードはしない方がいいでしょう。

 

もし再開して成功するという強い想いがあるならば、

一番に資金管理を考えて、

絶対にメンタルがつらくなるようなリスクは

取らないでください。

 

まずやるべきことは、

規律を自分の中に作ることです。

 

規律が自分の中に確立されていると、

負けが続いたとしても生き残ることができます。

 

 

では、負け続けても生き残る人たちの共通点も

ここで書いておきます。

 

トレードから永遠に退場してしまう人と、

負けてもマーケットに残って今や投資の利益で家を勝ったり、

海外進出をしたり、

億プレーヤーと呼ばれるようになった人は、

一体何が違うのでしょうか。

 

彼らにはある共通点があります。

 

それは大きく負けこんだり、

資金を失ったりして背水の陣となったときに、

諦めるのではなく、すぐに勉強しているということです。

 

これらの勝ち残っている人は、

それまでに様々な本や情報を読みあさり、

それこそマーケットが動かない週末でも

チャートを見続ける日々を送るという経験をしてきています。

 

このように投資漬けの日々を長く過ごすことで

マーケットの知識を手に入れ、

ヒントを発見し、

それに基づいて仮設やルールを作る。

そして、その後はさらにそれを検証する。

 

こうした地道な作業を繰り返すことによって、

マーケットを徐々に理解してきたのです。

 

しかし、

「とにかく儲けたいから、試しにFXや株式投資でもやってみるか。」

といった気楽な気持ちで取り組む人は、

損が多くなればそこで諦めて退場してしまいがちです。

 

けれども、

他でもない「投資で儲けよう!」

という強い想いを持っている人は、

必死にトレードに取り組んで自分なりに収益モデルを作り、

マーケットで生き残っています。

 

また、何より投資が好きになる、

ということも長く生き残り続ける人の特徴かもしれません。

 

その結果、自分の経験が積み重なっていくと

嬉しい事が起こります。

 

なぜなら、

投資は、長い期間続ければ続けるほど、利益を得やすくなるからです。

 

この事実を知っているのと知らないのとでは、

投資へのアプローチがまったく違ってくるでしょう。

 

トレード資金である種銭を雪だるまにたとえてみましょう。

 

小さな雪だるまはいくら転がしてもなかなか大きくなりませんよね。

しかし、それでも転がし続けていると、雪だるまは次第に大きくなっていき、

あるレベルを越えた時点で急速に巨大化します。

 

投資資金も同じで、

最初は小学の資金でも着実に増やしていくことで

資金の増え方を早めることが出来るのです。

これを複利といいます。

 

このように、

資金を着実に増やしていくためには

トレードを長く続けていくことが必要です。

最初から一気に増やそうと思わず、

少しずつ勉強し、経験を積みながら、

そして楽しみながら、

投資に取り組んでいくことが大切です。

 

ですから、

投資は長く続ける意志こそ最短の道と言うこともできます。

sponsored link