季節・時間要因・市場の癖について

ここでは、FX取引をするうえで

なくてはならない基本的な情報について書いていきます。

具体的には、

1,季節要因

2,時間要因

3,市場のクセ

についてです。

 

今更こんな当たり前のことを聞いても意味が無い、

と思う人がいるかもしれません。

しかし、ここで説明する知識は基礎的なものではありますが、

だからこそ私達が常に把握しておかなければならない情報なのです。

 

1、季節要因を把握しておく。

マーケットには、

経済のサイクルからくる「季節要因」や、

理由はハッキリしないものの、

こうなる傾向がある。とされる「アノマリー」

というものがあります。

 

たとえば、

3月〜5月は米株が上昇しやすいとか、

5月に天井を付けて下げやすいとか、

こうした季節要因やアノマリーを知らずに

テクニカルだけを使って取引を行っていると、

上がり続けていると思って買ったところが天井だった、

などという事態になりかねません。

 

トレードの知識や経験が積み重なってくると、

たとえ値が上がっていて、

テクニカルも上向きだったとしても、

そろそろ天井になりやすいなと警戒することができますし、

知識と経験が多ければ危険を回避することもできます。

 

季節要因やアノマリーは1年を通じて存在するので、

事前に情報を調べておかないと、

なかなか即座に対処するのは難しいものです。

 

そうした意味でも、

投資は長く続けていくことで

徐々にトレードが上達し、

雪だるまを転がすように種銭が少しずつ大きくなり、

そして継続することで、

将来的に大きな利益が得やすくなるのです。

 

 

2,時間要因について

季節要因は1年を通じての話ですが、

1日の中にも「時間要因」というものがあります。

 

FXは24時間取引可能であるため、

いつでも同じように取引ができると思いがちですが、

時間帯によってはマーケットのおもなプレーヤーは変わってきます。

 

そして、それによってマーケットの特性に違いが生まれます。

これが時間要因というものです。

 

まず、日本時間の6時〜8時は

東京の金融機関も始業していない時間帯で、

「シドニー・ウェリントン市場」での取引となります。

 

取引参加者が少ないため、

ちょっとした事で大きく値が動きやすく、

自動売買のプログラムを用いて取引する人の中には、

この時間帯だけはプログラムをオフにする人もいるくらいです。

 

次は10時前、

9時55分に日本の銀行が

その日の店頭での為替取引の値段である仲値を決めます。

 

銀行で外貨預金をしたり、

両替をしたりする場合はこの仲値で取引されるため、

ここで出る値段の前後で相場が動きやすくなります。

 

そして15時、

東京株式市場が終了する時間が

「東京オプションカット」です。

 

株価との連動が強いときはもちろん、

そもそもこの東京株式市場の6割が

外国人であるためこの時間の株と為替には関連性があります。

 

16時〜17時には為替取引全体で

40%近くを占める「ロンドン市場」が始まります。

 

欧州市場を含むロンドン時間がFXで一番活況があり、

ここから深夜1時か2時ぐらいのロンドン市場で、

特に大きな動きができやすい時間帯です。

 

また、深夜1時には、

「ロンドン・フィキシング」と呼ばれる、

ロンドンにおける金やオプションの締めがあるため、

マーケットが動きやすくなります。

 

この後、マーケットはNY時間がメインとなり、

午前7時のNYクローズまで米国やカナダの動きが中心になりますが、

私たち日本勢にとっては真夜中なので

参加しにくい時間帯かもしれません。

 

このように、

24時間世界のどこかしらで動いている為替市場だからこそ、

FXは24時間取引が可能ですが、

それぞれの時間帯の背景により

取引に参加するトレーダーの層だけでなく、

そのマザーマーケットや動く要因も違ってくるのです。

 

市場の癖

FXだけに限りませんが、

金融市場には癖となる動きがあります。

特にFX市場では、

「大きなトレンドが発生するとそれが続きやすい」

という癖があります。

 

2012年11月に民主党・野田内閣が

解散した後の総選挙で与党となった

自民党・安倍総裁が主張したアベノミクスは、

当時のドル円と株価に大きく影響し、

2013年5月まで続く大きなトレンドになりました。

 

こうしたトレンドができ、ドル円が上昇する局面では、

多少下げる場面があったとしてもマーケットは上昇が続きます。

こうした動きがまさに

「大きなトレンドが継続しやすい癖」といえます。

 

また、逆にあまり動かない、

凪のような相場のときに突然値を上げたり、

急落したりすることもあります。

 

こうした状況は先ほどのアベノミクスのように

日足や週足単位で大きくトレンドになっている場面ではなく、

1時間足や15分足など短い時間足で

値動きが膠着している場面で起こりやすい動きです。

 

このように、

「理由もなく突発的に起こる値動きは、

その後修正されて元の凪のレベルに戻る癖」

もあります。

 

ほかにも、

「買われて値を上げたらさらに買われてトレンドが続く癖」

「急に買われて値を上げたが、すぐに下げて修正される癖」

が見られますが、

それがどういった状況の際に起こるのかというのは

経験を積まないと判断が難しいでしょう。

 

こうして経験によって判断できることを、

チャットや一定の要件でシステム的に

判断しようと試みる人もいますが、

為替市場はそんな簡単な構造ではありません。

 

市場の癖に慣れるには、自分自身が経験を積み、

かつ経験豊富な人の意見を参考にしていくことが

一番の近道です。

 

現在のトレンド状況で勝ち続けられたとしても

自信過剰になっては、

経験したことのない市場の癖に足元をすくわれます。

情報を先に入手して設けるという発想はやめる!

「投資に役立つ情報を誰よりも先に入手する方法はないのか?」

と考える人がいますが、

それはちょっと無理な話です。

 

このような情報はまず英語で配信され、

日本の情報配信会社で日本語に翻訳され、

さらに投資会社に配信されてから

最後に私達が見ることになるからです。

 

ヘッジファンドや銀行のディーリングルームでは、

最初の英語の情報が出始めた時点で、

まるでクイズの早押しのようにプロがアクションをおこしています。

 

また、最近はこうした情報として表示される単語に反応して、

自動的に取引をするプログラムも使われており、

個人投資家がそう簡単に太刀打ちできるレベルではありません。

 

そもそも、こうした情報を先に手に入れて儲けるという

インサイダー体な発想自体をやめたほうがいいでしょう。

 

他人より早く情報を仕入れるよりも、

すでにある情報をいかに分析するか、

そして分析する力量をどれだけ身につけられるかが重要ですし、

 

そうしたスキルを今後の投資生活でも

ずっと活かすことができます。

 

このようなスキルを実際に身につけ、

海外で生活しながら投資生活を送っている人というのも

一定数存在しているのは事実です。

テクニカル分析のコツ

ファンダメンタルズの判断がいかに難しいかということを知ると、

それならテクニカル分析を磨くほうがいいだろう、

と考える人は多いのではないでしょうか?

 

実際の所トレードでは、

多くのトレーダーがテクニカル分析を重視しています。

テクニカル分析での判断を踏まえた上で、

補助的にファンダメンタルズを考慮する、

というスタイルが現在の個人投資家の主流だといえるでしょう。

 

テクニカル分析は様々な種類のツール・インディケーターがあるため、

「どのテクニカルがおすすめですか?」

「どんな手法が儲かりますか?」

という質問をされる方が頻繁にいます。

 

その答えとしては、

自分が得意なものなら、どれでもいい。

というのが最もしっくりきます。

 

自分が得意なものであるか、

ということがとても重要で、

なぜなら、

どんなテクニカルにも一長一短があるからです。

 

全ての相場の場面で必ず儲かる聖杯のようなものは存在しません。

 

そのため、

このツールはどのような相場が得意で、

どのような場面では機能しにくい、

騙されやすいといった長所短所を

十分に理解しておくことが大事になります。

だからこそ、

自分が得意なものを選ぶことが最適解なのです。

 

たとえば、

移動平均線一本でも、

その特性や通貨ペアとの相性、

時間軸による違いなどを熟知していれば、

それがその人の最強ツールになります。

 

テクニカルは自分の判断の道しるべであるため、

自分が使いやすいもの、

自分が熟知しているものを作ることが

「勝ち組」トレーダーとなるうえで重要です。

 

では、どのようにしてそうした自分の得意なテクニカルを

身に付ければいいのでしょうか。

テクニカルのツールにすぐに見切りをつけてしまう人は、

かえって回り道をしがちの事が多いです。

 

何かのツールを使ってみて、

すぐに結果がでなければ即座にやめて

次を探すことばかりしていては、

いつまでたっても成長しません。

 

手間と時間はかかっても、

ある特定のテクニカルが何を示そうとしているのか、

どのような特徴があるのかを自分の経験と研究によって

じっくりと知っていくほうが、

結局はテクニカルを自分のものにする近道になるのです。

 

しかし、当たり前の話ですが、

ただひたすらに同じテクニカルを使い続けているだけでも

市場に対応することはできません。

たとえば、トレンド相場で上手く機能するものと、

レンジ相場で儲かりやすいものは、

明らかにタイプが違います。

 

1種類のテクニカル分析や手法で、

全ての場面に対応することは不可能です。

だからこそ、様々なテクニカルを試し、

それを研究していくことが大切だといえます。

 

その中で自分の得意なやり方がきっと見つかるはずです。

加えて、

このように自分の得意なテクニカルを見つけた後でも、

その武器で取引する場面と休む場面を

見極めるための判断力が必要になります。

 

また、「学ぶは真似るから」とはいいますが、

誰かが使って儲かっているものを

そっくり真似して使えば自分もすぐに儲かる、

というものでもありません。

 

儲けている人の中には、

TDシーケンシャルをメインに使っている人もいれば、

ボリンジャーバンドのみを使っている人もいます。

 

他にも移動平均線やスキャルピングなど、

それぞれ自分の得意なスタイルで

いろんな利益の出し方をしている人が大勢いますが、

それは誰かの手法やスタイルを単純に真似ているわけではありません。

 

それぞれが試行錯誤と、

長い経験の中で自分の流儀ともいうべき

トレードのコツをつかんできているのです。

 

トレードを実際に始める前に

以下の質問に答えてみましょう。

  1. 自分の生活スタイルに合わせてトレードができていますか?
  2. わからない時は休むことができていますか?
  3. 毎日トレードしていませんか?
  4. 決まったテクニカル分析や指標を使い続けていますか?
  5. 自分の意見、自分の想いで「お祈りトレード」をしていませんか?

sponsored link